ある年の6月上旬、

バルト海を囲む3カ国の都市、フィンランドのヘルシンキ、エストニアのタリン、ロシアのサンクトペテルブルグを周遊。

以前ご紹介した同業の大先輩の社長であり、洋画家でもあるN画伯との珍道中を不定期にご紹介します。

----------

今回最初の目的地はフィンランドの首都ヘルシンキ。

まずは成田空港からオーストリア航空のエアバスA330でトランジット先のウィーンへ。

約12時間20分のフライト中は毎度恒例の飲みっぱなしなのでした!


そしてランディング直前、まさかのゴーアラウンド!(着陸のやり直し)

フルスロットルを与えた機体は凄まじい加速Gで再び上昇し、その後、体勢を整え直して無事ウィーン空港へ到着しました。

IMG_0856

ゴーアラウンドした時にちょっと不吉な予感がしたのですが、そんなまさかの出来事がここウィーン空港で待ち構えているとは…。


まさかの出来事とは・・・。


乗り遅れたんです


空港での待ち時間に二人でまた飲んでいるうちにヘルシンキ行きの飛行機は搭乗〆切。

何度も呼び出してくれたそうなんですが全然気付かず

ゲートに行ったときにはもう取り扱ってくれませんでした・・・。

取り残された私達は空港で一泊する事になってしまったわけですが、


さて、どうしよう!


仕方なく明日の午前中のヘルシンキ行きの便を予約し、一晩ターミナルで過ごす事にしました。

夜も更け最終便が出発した後、照明は落とされて仕方なくベンチでゴロリ。

警備員のおじさんには「what are you doing?」とライトで顔を照らされ、
何を言っていいかわからず「Tomorrow Departure」と一言答えたら、「OK! Good night」と笑顔で返されあっけらかんな私達。


しんと静まり返った頃・・・


閉店したスタバのスタンドテーブルを借りて成田の免税店で買ったシーバスを開け、眠れぬ夜を楽しんでいると一人の外国人が(どっちが外国人だって?)寂しそうにしていたので一緒に飲まないか?と声をかけてあげました。

BlogPaint
        一夜の友とN画伯


結局彼もまた、スウェーデンに帰るのに乗り遅れた仲間だったのです。(仲間?)

この後、トヨタとキャノンが大好きなスウェーデン人の大学教授である彼と意気投合し、3人でボトルを空けてしまい・・・。



そして翌朝はご覧の通り。


BlogPaintIMG_0267


大迷惑な私たちだったのでした。 ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!



“第2日目へつづく”